自分の本が書店に並ぶ

自費出版で自分の本を出そうと考えたら、全国の書店に本が並ぶイメージをされる方が多いと思います。
自分が作った本ですから、たくさんの方に見てもらいたい!読んでもらいたい!と思います。

 

全国の書店に、自分の本を並べるためには、書店流通できる出版社を選ぶ必要があります。

 

本を作ったら、家族や友達に配るだけでなく、本屋さんに並べてみんなに読んでもらいたいですよね。

 

書店流通できる出版社

自費出版のサービスを提供している出版社として有名なのが「文芸社」です。
書籍やデジタルコンテンツの制作・販売を事業としています。

 

2016年には、創立20周年を迎え実績があります。
これまでに16000人以上の本づくりに携わってきています。

 

出版の実績を積み上げ、有名な自費出版書籍もいくつか出ています。
「リアル鬼ごっこ」「B型自分の説明書」

 

全国450店舗を超える書店との提携ネットワークにより、書店流通が確実にできます。

 

自費出版について無料で資料請求ができ、全国にある書店と提携して本を流通できるので、自費出版をするならおすすめです。

 

出版までの流れがわかる資料が無料

文芸社の自費出版についての資料を無料で取り寄せができます。

 

 

文芸社「自費出版」資料請求

 

自費出版のいろいろな特徴や見本など、たくさんの資料の中に載っています。
資料を取り寄せ、出版についての情報を、しっかりと説明されてる資料で確認してみてください。
あなたが思ってる疑問点の答えがわかりますよ。

 

資料は無料ですので、お取り寄せして自費出版の流れを確認してみませんか。
本になるまでの流れや料金について知ることができます。